富士山

1977年3月の初旬、河口湖・忍野村・本栖湖・鳴沢村へ出かけています。

この旅行では、様々な角度から富士山のデッサンをしていますので
いずれ、ブログ・デッサンの項で紹介したいと思います。



富士山
富士山[4M/1982]


田染のメモ
忍野温泉旅館・啓明荘泊
民宿・霊峰 本栖湖・ゆたか荘
富士眺望  甲府へ抜ける道(旧道)御坂峠
    



 1990年5月に、富士山取材に出かけており
 二日間のメモがありました。
  
  
        
  
 25日 池本荘泊
   晴れていれば、広い窓の格子越し正面に富士山のはず、残念だ。
 忍野富士急ホテルの周辺の散策。
 向かいの川辺までまで出かけるが、富士は全く望めず。

 26日 早朝、乳白色の空。7時過ぎごろから徐々に晴れ間が出て
 富士山が白い姿を現してきた。
 出口池まで足をのばし、再び忍野東急ホテル前の川辺へ。
 バスで富士吉田―三つ峠下車
 この後、タクシーで回る。
   

朝
[20P/1990]

1991年

19日 東京駅から新宿、大月、河口湖へ。
タクシーでホテルニュー富士へ。
夕暮れの富士山を、ホテルの窓から眺める。
20日 6時10分、早朝の富士は、刻々と変化が著しい。
ピンクの富士も徐々に変化し、
7時15分頃になると白になりかけた。
産屋ヶ崎辺まで歩く。
10時過ぎのバスに乗車、大石民宿村へ。

途中気になった場所が数か所あったので、
バスを降りて後戻り、堪能した。

夕刻、"うの島"を手前に富士山が・・
葦の湖面、そして空に夕景が展開していた。
なつっこい犬が自分の前後についてきて
水辺に入り水を飲だり・・ともに歩いた。



河口湖冬日
河口湖冬日[30M/1991]



1998 年4月

    知人の運転で、談合坂→富士見峠へ向かう。
 峠の茶屋で昼食(ほうとう)、薄くではあったが富士山も眺望できた。
 富士五湖巡り、河口湖からの富士は新緑で佳眺。
 天候も半ば諦めていたが、意外と恵まれ富士山も眺望できて、
 予想外の収穫だった。


1999年

6/1 御殿場、裾野・富士を経由(東名高速)、清水、三保の松原へ
                     山名湖湖畔泊
6/2 富士五湖・富士山五合目・忍野八海・滝の白糸
富士山の眺望良好

 
  2000年2月

9日 知人の運転で、一路富士吉田へ・・
河口湖・精進湖・本栖湖から隧道(ずいどう)を通って下り、
下辺(しもべ)温泉へ(身延線)。途中、南アルプス連峰が望めた。

10日 一片の雲の影すら見えない青空、富士山くっきり!
早朝6時ごろ、スケッチに出かける。富士山の光がピンクの時に・・
やや風があり、素手でのスケッチは、冷たく、ちぎれそうな寒さだった。

午後は、忍野八海、二十曲り峠から山中湖(平野)、
パノラマ台などをまわる。


朝(河口湖)
朝(河口湖)[150P/2000]



 2000年5月

 8日 知人の車で9:30頃出発。東京・川崎を経て御殿場、表富士を廻る。
 富士5合目まで。丁度、残雪の富士山頂が姿を表わした。

 下りはガスの中。紅葉台を目指してでこぼこ山道を登る。
 残雪の富士山を目の前にして満足を感じる。富士山は素晴らしい。
       
 鳴沢を通って河口湖へ。
 大石へ立ち寄り、鵜ノ島を手前にした富士を見る。(ホテルニュー富士泊)
 このホテルは前に泊ったこともあり、
 以前と同じ構図の富士山に懐かしさを憶える。
 夕方の陽を浴びた柔らかい富士山が素晴らしい!
 感動的だ、ながめてあきない。
 
 9日 早朝4:45頃より逐次・刻々変化する(微妙に)富士山を見つめる!
 7:17 硝子戸越しに見る空には一片の雲も無し。



明ける
明ける[8P/2001]


朝
[10P/2004]


inserted by FC2 system