愛媛県の旅3

田染の手記

1997年5月末、徳山経由で愛媛に入る。
柳井発16:45 → 船 → 松山着19:15
乗船中に、鉛筆デッサン2点、「瀬戸内海」「釣島海峡」。
翌日、松山より伊予市、八幡浜経由で宇和島に向かう。
明るい曇り空だが厚い雲だ。雨は降っていない。しかし蒸し暑い。
知人の車で、滑床方面へ移動。

メモ帳に、「 広見川(四万十川上流)」、「 滑床 」、「 三筋の滝 」
3点の鉛筆デッサンをする。

 翌日、徒歩で沿道を散策。朝の陽射しの滑床(なめとこ)を取材。



      

河畔
河畔[20P/1997]


渓流(滑床)
渓流(滑床)[20P/1997]


  

   日振島の明海(あこう)まで高速船に乗る(2時間15分)。
 船上で、鉛筆デッサンをする。
                 下船、全く暑い。数人の島の人に道を尋ねる。皆親切だ。
 1時間以上も炎天下の磯を歩き廻ったが、
 岩場の多い磯ばかり・・
 朝顔ならぬ浜顔・・その他の草花を葉書にスケッチしながら船を待つ。

 宇和島駅より八幡浜へ向かい、ここから三崎港まで特急バスに乗る。

 三崎港にて
 船が海面に筋をたて、流れ星のようだ・・
 日本一速い流れでの一本釣り・・
 



 

 渚
[12P]


海
[10P]
  

 (この絵は、既に「海その3」で紹介しておりますが、「愛媛県の旅」を
        まとめる意味で、再集録いたしました。)

         日本列島北限の熱帯植物あり・・桑科の植物・漢名「 雀榕・あこう樹 」

 駐車場から、燈台の頭が少々見えるが、そこまで行くには20分以上を要し、
 帰りのバスに乗れなくなるので出直すことにする。

 八幡浜港に乱舞するカモメ・・

 今日は、素晴らしい人との出会いもあり感激の一日だった。

 6月7日快晴。八幡浜からバスに乗り、佐多岬燈台に行くことにする。
 車道の両面から見える下の方に・・
   所々、遥か下に・・集落・民家を見下ろせる。
 歩いて下れば15〜20分はかかるらしい。

 10:55三崎着・・薄陽、空はやや潮雲模様、ところどころ薄い青が。
 停泊中の豊予フェリーをスケッチしていたが、途中で出航してしまった!

 乗り合いカーに乗車、自分含め4人。
 12:35燈台着、全く暑い。汗を拭き吹きの行程。
 然し、樹木が繁茂して木陰のところも多く、オアシスだ。
 燈台元まで辿りついたが絵にならず。
 引き返して人があまり行っていない椿山展望台方面に行く。

   

     

初夏の佐多岬
初夏の佐多岬[20P]
   

   

    (この絵は、既に「海その3」で紹介しておりますが、
  「愛媛県の旅」をまとめる意味で、再集録いたしました。)


 三崎港に戻り、昨日のお寺に再度出向き楠木の大木を眺めた。

 暑い取材だったが、梅雨時期に晴天に恵まれた日があり、
 実に幸運であった。
 且つ各地での人々との思いがけない触れあいがあり
 四国・愛媛の印象は心地よいものとなって心に刻まれた。
 再度機会をみて訪れたいと思っている。

   
 
    2004年3月末から4月上旬にかけて、
 主に花の取材で愛媛県を訪れています。

 松山城の天守閣に登り松山市を眺め
 道後温泉・道後公園を回り、
 内子、伊予玉之江、西条などを歩いています。
    

 
   

      

春光
春光[10P]
       

 

    (この絵は、既に「桃源郷」で紹介しておりますが、
   「愛媛県の旅」をまとめる意味で、再集録いたしました。)
   

   




inserted by FC2 system